【コラム】あなたは何のためにビジネスするのか?

 

あなたは何のためにビジネスをしていきますか??

お金のため?

いい生活をするため?

家族やスタッフを養うため?

もちろんそういう面もあるでしょう。

 

でも、本当にそれだけでしょうか?

 

苦労して独立して、毎日朝から晩まで、いや、寝ても覚めても、お店やスタッフや集客のことを考えて、、、。

その苦労は、本当にお金や生活のためだけでしょうか?

 

僕は何のためにビジネスをしているのか??

お金や生活のため?

もちろんそれはある。でも、それだけじゃないはず。

 

僕自身、ずーーっと悩んでいました。

そして、以前、ある高額セミナーで、講師が雑談で言っていた一言が僕の心に響き、拝借することにしました。

 

それは、

「大好きな人に会いに行くために、ビジネスをする。」

というものです。

 

どういうことかと言うと、お金をもらう、お金を払うそういうふうにビジネスが介在すると、会う理由ができる。

そうすれば、大好きな人と会う理由ができるわけです。

なるほどー、って思いました。

 

今、僕のつきあっている人の中には、小学校、中学校、高校、大学時代の友達、1人もいません(涙)。

社会人になって最初に入った会社、ここは一部上場の商社だったのですが、その時の同期とも3年に1回くらい同期会に呼ばれて会う程度。

 

それも、サラリーマンとして働き続けている人間が大半。

だから、今では、価値観に相当のズレができてきて、最近の話はオブラートに包まないと話すことができない。

話が合わなくなってしまっているのです。

 

つまり、今、僕の「好きな人」は、仕事関係でしか、いないのです。

 

本気で「親友」とか「何があっても会いたい人」とか「大好きな人」って言える人間が、あなたには何人いますか?

そして、それは何関係ですか?

親、兄弟、家族以外で、そういう人間の数は限られてしまうでしょうし、少なくとも、僕の場合、ほぼ仕事関係の人しかいないのです。

 

僕は、数年前、仕事にとても後ろ向きの時期がありました。

とにかく事務所に行きたくなくて仕方がない。

その時、僕は、あらゆることに行き詰まっていたのです。

 

たまたま知人から紹介してもらってスタートした顧問先が粉飾志向。

しかも、その作業をこちらに押しつけてくる。

やめたくてしょうがないが、報酬が当時のうちの約30%。

売上を失うことが恐くて、断りたくても断れない。

 

また、事務所には、能力は高いが、僕とポリシーが合わないスタッフがいた。

僕が何か新しいことをしようとするといつも反対される。

本当ならやめてもらったほうがいいくらい、価値観が違うのに、1人欠けたら実務が大変になるのは目に見えているので、そうも言えない。。。

 

いつしか、僕は、自分の事務所に行くのが、つらくて、恐くて、イヤでイヤでしょうがないと、なっていたのです。

自分の事務所に行くのがイヤなんて。僕はいったい何のためにビジネスをしているのか???

本気で悩んでいました。

 

でも、僕は、今、ハッキリ言えます。

大好きな人に会うために、ビジネスをしている、と。

お客様、スタッフ、業者さん・・・。

 

マーケティングを努力すれば、新しいお客様に出会うことができる。

お客様が増え売上が増えれば、新しいスタッフを雇うことができる。

理由があって必要があれば、お金を払って、気のいい業者さん、他業界のスペシャリスト、本物のプロフェッショナルに会うことができる。

 

そのために、僕はビジネスをする。

ビジネスをし続ける。

まだ見ぬあなたに会いに行くために。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧