【コラム】セルフイメージを上げろ!

 

これは、2016年4月頃に書いたメルマガの内容です。よかったらどうぞ。

↓↓↓

 

僕は、今、本番に向け、トレーニングしています。

本番というのは、ホノルル・トライアスロン。初めての挑戦です。

 

トライアスロンにも種類がありますが、僕が目指しているのは、オリンピック・ディスタンス。

スイム1.5km

バイク40km

ラン 10km

の、合計51.5km。

 

3つあるので、3つ練習しなくてはならないわけですが、、、。

当初、僕の認識はあまかったのです。

 

昨年の11月、トライアスロン挑戦を思い立って、トライアスロンショップに行った時のこと。

 

田崎「どれくらい練習すれば、完走できるものなんですか?」

店員「うん、まあ、完走ということであれば、週1回でも練習できれば、大丈夫じゃないですかね。みなさん、お忙しいですし。」

田崎「え!?そんなもんで、大丈夫なんですか!?」

 

僕は、内心、ラッキー、楽勝じゃん。

と、思っていました。

 

ところが、、、

11月よりスクールに入り、最初の飲み会の時、どれくらい練習しているかまわりの4-5人に聞いてみたところ、みんな、

「毎朝5キロ走って、夜は週2回、プール。週末は2日とも自転車。」

みたいな答え。なんだそりゃ!?

 

しかも、

「ホノルルトライアスロンは、毎年死人が出ていますよ。去年も2人死んだかな。」

 

やばい!真面目にやらないと死ぬ(汗。

 

僕は、それから、浮ついた気持ちを捨て、必死に練習をしはじめました。

試行錯誤の結果、今では、だいたいこんな感じに落ち着いています。

↓↓↓

朝 1日おきに 5km 走る

走らない日は筋トレ

夜 2回 1.5km 泳ぐ

週末 2回 自転車

結構、運動しています(笑)。

 

とはいえ、なかなか毎週これを実行できません。

雨が降ったり、飲み会が立て続けに入ったりしますから。

ですが、気持ちを切らさずに、間があまり空かないように、意識してやっています。

 

今、僕は何をイメージしているかというと、、、

↓↓↓

5月15日、僕は、早朝、ゆっくりと目覚め、ほどよい緊張の中、ウエットスーツに身を包み、スタートラインに立つ。

そして、6時スタート。

 

スイム。

バイク。

ラン。

 

ランの8kmを過ぎた頃、「あー、もう終わっちゃうのか。」と少し寂しい気持ちになりながら、

スタートから3時間後、無事ゴール。

成し遂げた余韻に浸りながら、仲間とビール。

 

「来年も来たいね。」

なんて言いながら。

 

そして、日本に戻って、バリバリ仕事。

また、日常に戻っていく・・・。

 

確かに完走するだけなら、週1回適当に練習するだけでもなんとかなるかもしれません。

でも、それではきっと身体もボロボロになるし、1-2週間、まともに仕事もできないでしょう。

もちろん当日の体調もあるし、自転車はパンクするかもしれませんし、イメージ通りになるかどうかは分かりません。

 

だけど、イメージしなければ、実現できないのもまた事実なのです。

だから、僕たちは、セルフイメージを上げる。

 

もしあなたの事業を今より本気で発展させたいなら、今のままでは無理。

セルフイメージを上げなくてはなりません。

 

例えば、今、売上が2,000万円で1億円規模を本気で目指すなら、まず自分自身をそのイメージに引き上げなければならない。

 

そして、そのイメージに合う行動をとっていく。

ジェームズ・アレン「「原因」と「結果」の法則」

ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」

稲盛和夫「生き方」

などなど、洋の東西を問わず、哲学者、成功者が言っていることです。

 

まずは、強烈に鮮明にイメージする。

そして、それを実現するための行動をとっていく。

 

僕たちマイクロ企業の経営者が、本気で事業をよくしていきたいなら、必要なことなのではないでしょうか?

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧