【コラム】ビジネスで最も大切なことは?

 

ビジネスにおいて最も大切なものとは何でしょうか??

 

それは、ワクワク感です。

例えば、ある「ゴミ処理」がめちゃくちゃ儲かると気付いたとする。

あなたはワクワクしますか?

 

もしワクワクしたとしたら、ゴーサインです。

やるべきです。

ところが、もし

「儲かるって言ってもなあ・・・。やる気出ないよなあ・・・」

そう思ったら、やるべきではないですよね?

 

ビジネスは立ち上げればOKというわけではありません。

やり続けなくてはなりません。

 

やり続けるためには、「利益」ももちろん重要ですが、やり続けるだけの「パワー」が必要になるのです。

そのパワーの源となるのが、僕は「ワクワク感」だと思うのです。

 

具体的には、

・こういうサービスにしたら、お客さんは喜んで来てくれるのではないか?

・こういうお店の仕組みにしたら、スタッフは働きがいがあるのではないか?

・この人とあの人を会わせたら、思いもしなかった新しいアイディアが浮かぶんじゃないか?

などなど。

 

こういう想いが、パワーにつながり、僕たちのビジネスの推進力になるのではと思っていたら、名著「ビジョナリーカンパニー2」にこんなことが書いてありました。

それは「針鼠の概念」という名前で紹介されていました。

ビジネスは、次の「3つの円」が重なる部分で行うべき、という内容です。

 

その3つとは、、、

経済的原動力になるもの

自社が世界一になれる部分

情熱をもって取り組めるもの

 

その「情熱をもって取り組めるもの」という部分を読んだとき、僕は、

「ワクワク感だ!」

と思いました。

 

だから、理屈も重要なのですが、理屈だけではなく、気持ちが大事。

毎朝、目が覚めて仕事に出掛けるのが楽しく、自分の仕事に誇りを持っている。

そういうことも重要なのです。

 

美容業界で言うと、最近いわゆる「面貸し」スタイルが目に付きます。

「スタッフを雇う」という形をとらず、「作業をする人を外注にする」というやり方です。

 

美容室に限らず、サービス業では、よく取り沙汰される論点ですね。

「面貸し」スタイルは、短期間で事業を成長させるには、よい方法かもしれません。

 

ただ、事業は継続させなくてはなりません。

それを考えたとき、あなたはワクワクできるかどうか・・・?

 

もし「面貸し」スタイルでいくかどうか悩んでいるなら、それが決め手となるのではないでしょうか?

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧