【コラム】もしかして、僕たちは、、、?

 

僕たち経営者の最大の悩み、それは、、、

人。

 

僕たちの事業は、特にサービス業ならなおさら、「人」がいないと成立しない。

僕たちが事業拡大を決意したら、その瞬間から、ついてまわる問題が、「人」である。

 

すなわち、スタッフ。

そして、スタッフと対峙する時悩むのが、どこまでが「許容」で、どこからが「妥協」になるか?である。

 

自分の要求レベルが高すぎるのか、それともスタッフの成長を促すべきなのか!?

我慢すべきなのか?

伝えるべきなのか?

 

スタッフの言動に違和感を感じた時、毎回繰り返す葛藤。

 

このいらだちはどうしたらいい!?

そんな時、僕は、こう思っていた。

 

「普通に考えて、○○だろ!」

「手を抜いているんじゃないか?」

「なめてんのか!?」

 

一人、腹が立っては、やり場のない苛立ちを持て余していた。

 

「妥協」か!?「許容」か!?

 

答えを探していたある時、ある経営者の方と話していて、こんなことに気が付いた。

おこがましいかもしれないけど、もしかして、僕ら経営者は、社員からみたら、スーパーマンなのかもしれない、と。

 

僕たちは、開業の時から、否、ある意味、開業前から、ひたすら必死に突っ走ってきた。

そして、気が付かないうちに、いろいろなものを身につけてきた。

 

ホットペッパーの使い方、ディーラーとの付き合い方、借入れの時の銀行の対処法、決算書の見方、給与の計算方法、採用のコツ、効果的な節税の方法、社会保険の仕組み、助成金の引き出し方、、、etc。

 

当然、人間的にも成長してきただろう。

いろんなことを知っている。いろんなことが当たり前にできてしまう。

 

だから、そんな尺度、そのままで、社員たちを測ってはいけないのではないか、と。

「違い」を認めてあげなくてはいけないのではないか、と。

 

それは、「妥協」でもなく、単なる「許容」でもなく。

「人」が作り出す、この世界だから、きっとずっと、「人」の問題はついてまわるだろう。

 

それでも、僕たちは走り続けなければならない。

 

社員の幸せのために。

自らの信念のために。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧