【コラム】究極の節税

 

もしあなたが、今、多額の税金に悩まされているなら、これからやるべきことはただ一つ。

 

それは、「分社化」です。

 

きっとオープンしてからしばらくの間、あなたは利益を上げることに必死で、節税なんてまったく考えもしなかったと思います。

そりゃあそうですよね、利益が出なけりゃ税金はかかりませんから。

まあ、消費税は別ですけど、ね。

 

しかし、がんばっているうちにちゃんと利益が出るようになってくる。

そうすると、あっという間に税金がかかるようになります。

 

いつしか「節税」ということを真剣に考えるようなる。

 

法人化、倒産防止共済、社宅、生命保険・・・。

いろいろな手立てをうってみる。

ところが、もうそれだけでは、「節税」なんてできなくなります。

 

例えば、毎年、コンスタントに5,000万円なんていう利益が当たり前に出てしまうと、もはや多少の「節税」は、「焼け石に水」。

多額の税金にさらされることになります。

 

もしこの時、何らかの名目がたち、分社化ができるのなら、節税が可能です。

 

すぐに頭に浮かぶのは、お店ごとに会社にするというパターンですよね。

今の税率で言うと、中小企業の法人税は、

所得800万円以下の部分は、15%、

超える部分は、23.4%。

 

仮に、4,800万円の利益を一つの会社で出していると、

800万円×15%=1,200,000円

4,000万円×23.4%=9,360,000円

合計 10,560,000円

です。

 

ところが、これを6つの会社で800万円ずつ分担するとした場合、

800万円×15%×6=7,200,000円

となり、それだけで、単純に3,360,000円の節税となります。

 

実際は、事業税や住民税もかかりますから、節税効果はバカになりませんね。

 

・どのような名目で分ければ税務署的に問題になりにくいか

・どのような手順で進めるべきか

・他の節税手段とからめて、実際どれくらい節税効果が見込めるか

などは、個々のケースによっても異なってきますし、あまりに生々しすぎて、ここでは書くことはできません。

 

もし気になるようでしたら、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。

あなたが顧問契約を結んでいらっしゃるようなら、担当者にご連絡くださいね。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧