【コラム】経営者の特権とは?

 

経営者の特権って何でしょうか??

 

それは、「妄想」です。

僕はよく「妄想」しています。

電車の中、お風呂の中、時には夢の中でも。

時々、ぶつぶつ言っています。

ちょっとやばい人です(笑)。

 

あなたは、僕ほどやばい人ではないかもしれませんが、あなたも同じように「妄想」しているのではないでしょうか?

 

例えば、、、

・フェイスブック広告をやったら、儲かるかな?

・次のお店はよりスタッフをデビューさせやすいコンセプトのお店を出したいな。

・社員旅行、次は海外にしたらスタッフは喜ぶかな?行くならどこがいいだろう?

などなど。

 

僕は、「妄想」と読んでいますが、これは経営戦略的には、「ビジョン」であり、自己啓発的表現をとれば「セルフイメージ」ということになりますが、いずれにしても、経営者には絶対必要なことですよね?

 

特権であり、絶対必要なこと。

それが「妄想」。

 

僕が単なるサラリーマンを脱し、独立開業したとき、経営者ってこんなにやることがあるのか!?と、驚いたものでした。

 

何せ、「業務」の部分しか見えていない。

今考えたら、経営全体の3割程度でしょうね。

雇われていたときは、正直、もっと安易に考えていましたよ。

 

独立すれば、こういうソフトを使って、こういう事務所にして、そして、時間は自由になる・・・。

今、考えると「超」が10個つくくらいの「あまちゃん」。

「妄想」どころか単なる「夢物語」でした。

 

それでも、これは独立した者の特権なのです。

なぜなら、スタッフは、与えられた枠組みの中でしか、物事を考えられないのです。

根本的に違う。

 

例えば、時間。

スタッフにとって、就業時間以外の時間は、自分の時間、プライベートの時間。

 

でも、僕たち経営者は違いますよね?

それこそ、電車の中、お風呂の中、夢の中、時には家族団らんの時でさえ事業のことを考えていますよね?

僕も7歳の娘に、よくたしなめられます、

「パパ、朝ご飯のときは、お仕事の話しないで。」

 

でもそれはある意味仕方のないことです。

僕たちは、船長になることを選んでしまったのですから。

 

僕は、組織をスタッフに説明するときよく船に例えます。

船にはいろいろなクルーがいてそれぞれの役割がある。

 

航海士、医者、戦闘員、コック、もしかして人力の船なら船を漕ぐ人も必要かも知れない。

それぞれがそれぞれの役割を果たしながらクルー全員が力を合わせて、船は進んでいく。

 

では、船長の役割は?

船長には、船長にしか見えない景色がある。

そこにメンバーを連れて行くため、最善を尽くす。

 

だから、寝ても覚めても、目的地のこと、その途中の困難のこと、メンバーのこと、必死に考える。

 

それが楽しい。

それが特権。

それが仕事。

 

さあ、今日も「妄想」しよう。

あなたの「目的地」に向かうために。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧