【コラム】雑草

 

最近、雑草の伸びがすごい。

 

僕の自宅は新興住宅地にあります。

と言えば、聞こえがいいのですが、一言で言えば、田舎なのです。(笑)

駅は割と最近できたので駅だけは立派。

 

駅の周りは、もともとは田んぼだったのですが、今は住宅用に区画整理されています。

ただ、いっぺんに家が建っているわけではなく、

まだ売りに出されていない空き地がたくさんあります。

 

そこにすごく生えているのです、雑草が。

少し前まで、きれいだったのに、気がついたら「ぼーぼー」。

背が高いものは、僕の身長と同じくらいになっています。

 

よーく見ると、いろんな草が生えています。

中には、タンポポやペンペン草など知っているものもありますが、ほとんどが知らない植物。

数えてみると20種類くらいありました。

 

おそらく本当は一つ一つ名前があるのでしょう。

植物学上は。

しかし、知らないし、興味がないし、きれいな花も咲かないから、「雑草」。

つまり、認識されなければ、あってもなくても同じなのです。

 

あなたのお店はどうでしょうか?

同じ駅を降りると、たくさんのお店があります。

あなたは、当然、自分のお店に思い入れがある。

 

さんざん悩んで物件も決めたし、内装は一つ一つこだわったし、名前だって悩みに悩んで、自分の「理想」を名前につけた。

 

ですが、駅へ向かう、あるいは駅から降りる人達からすると、そんなの関係ありません。

単なる美容室の一つ。

下手すると、オブジェクトの一つに過ぎません。

極端な話、あなたのお店など、どうでもよいのです。

 

もしあなたのお店が「雑草」になってしまっているのなら、それを解決するために2つポイントがあります。

 

1つは、いかに目立たせるか?

そのために必要なのが、マーケティング用語で言うところのUSPです。

ユニーク・セリング・プロポジション、つまり独自性、売りですね。

あなたのサービス・商品を周りの「人並みの」ライバルから引き離す、独自的な魅力的なアイディアのことです。

これがあると、分かりやすいし、売り込みやすい。

 

もう1つは、とにかく1度来てもらい、関係性を築いてしまうことです。

あなたやあなたのスタッフとお客様が仲良くなってしまえば、「たくさんある美容室の中の一つ」ではなく、「私が行っている美容室」になるのです。

 

そういう関係性を築くためには、とにかくまず1回来てもらうことが重要で、どうやってまず1度来てもらうか、これを考える必要があります。

 

先程の草花の例でたとえると、独自の花を咲かせて目立たせるか、とにかく一度触れてもらって、近くで見てもらってあなたの花のよさを味わってもらうかと、いうことになります。

そうすれば、いろんな草花の中の一つではなくなるわけですね。

 

もしあなたのお店が、いろいろな美容室の中で埋没してしまっているなら、もう1度考えてみるのもよいかもしれませんね。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧