【コラム】社長の特権とは?

 

経営者の特権とは、何でしょうか?

 

僕は、「つきあう人を選ぶことができる」ということだと思います。

 

もちろん開業してしばらくは、そんなことを考えている余裕もありません。

とにかく必死。

お客様をなんとか集め、こなし、クレームを処理し、、、。

そんなことで毎日が過ぎていきます。

 

時には、

「こんなんじゃ、独立した意味、あったのかな?」

そう思うこともあるかもしれません。

 

売上があがってきたらあがってきたで、今度はスタッフを採らなくてはいけません。

お給料の他、通勤費、労働保険、飲みに連れて行ったり、、、

何かとお金がかかります。

お客様にヘマをやらかして弁償したり、とかそういうのもあるかもしれません。

 

結果、利益はなかなかあなたのもとに残らない。

忙しい毎日にほんろうされ、利益が残らない現実に嫌気がさし、正直、心が折れそうになるかもしれません。

それでも、僕は、経営者には経営者にしかない特権があると思うのです。

 

それが、つきあう人を選べるということ。

 

スタッフ、業者さん、お客様、、、。

僕たち経営者は、スタッフを選ぶことができます。

イヤな人間は、採用しなけりゃいいですし、今いるスタッフだって、会社の方針にどうしても合わなければ、やめてもらうことだってできますよね?

 

業者さんもそうですよね?

あなたの会社のやり方、考え方に全然合わず、あなたが一方的にストレスを抱えるのはおかしな話。

その時は仕方がないですね。

 

お客様はどうか?

もちろん、お客を一人一人選ぶのかといったら、そんなことはないでしょう。

でも、本当にイヤなお客様なら、お断りすることもできるのです。

これが、単なる一スタッフではできない。

 

僕も勤務時代、本当にむかつくお客がいました。

精神的にもむかつくが、金銭的にも割に合わない、そういうお客でした。

当時の僕なりに経営的にいろいろ考えてみて、どう考えても割に合わないのです。

ところが、当時の所長はとりあわない。

当然、僕も「所長のお客」というイメージが強いので、むげにもできず、ストレスを抱えながら対応していました。

 

お客様ということで言えば、究極は、マーケティング。

マーケティングの力を活用すれば、集客の段階で、自然とつき合いたいお客様を呼び込むことができます。

 

僕たちマイクロ企業の経営者は、マーケティングを立案することもできるのです。

(「できる」というより、「しなくてはいけない」ことではありますが。)

 

ビジネスは、人。

最も重要なのは、つき合う人ですよね?

そのつき合う人を決めることができる。

それは、経営者の特権なのではないでしょうか?

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧