【コラム】酒とラーメンと私

 

僕は、その時、えらく酔っ払っていました。

 

いろいろ理由はあります。

一つには、風邪気味で薬を飲んでいたこともあったかもしれません。

前日、結構遅くまで仕事を頑張っていて、睡眠不足だったというのも理由の一つです。

でも、最大の理由は、久々にお会いした方とサシで飲み、いろいろな話題で盛り上がったからということだったと思います。

 

その方は、今までほぼ一人で事業をやってきたのですが、今、大きな事業展開を考えているようで、熱く語ってくれました。

僕もそういう話を聞くのは、楽しいので、とても盛り上がったのです。

 

ビールで乾杯してから、2杯目もビール。3杯目から焼酎。

その後は、、、焼酎水割りを何杯か飲んだと思うのですが、何杯飲んだか忘れるくらい盛り上がりました。

 

その結果、どうなるか?

当然、酔っ払います(笑)

 

僕は、久々にベロベロに酔っ払い、心の中に、ある欲求がふつふつと沸いてきました。

それは、、、

つまり、、、

「ラーメン食いたい。」

 

封印していた、「飲んだ後のラーメン」の魅惑に誘われてしまったのです。

場所は、池袋。

ラーメン屋はたくさんあります。

一蘭、天下一品、味千。

ある程度、クオリティが確保されているチェーン店もありますが、せっかくだから、開拓するか!ということになり、てきとーに、入ることに。

そういえば、このへんにとんこつラーメン屋が、あったような・・・。

僕は、ごちゃついた繁華街のとんこつラーメン屋に入りました。

 

そして、入った瞬間に、「やばい」と、直感しました。

とにかく客が少ない。

40坪はあろうかという広い店内で、男性が一人と中国人らしい男女3名のみ。

そして、券売機を見ると、最低料金850円。

僕が想像していた「とんこつラーメン屋」と違う。

 

「しまったなあ」

食べる前なのに、早くも後悔しながら、15分ほど待つ。

ようやく出てきたラーメンをすすると、、、

ま、まずい・・・。

これだけ酔っ払っているのに、こんなにまずいと感じるとは。

とんこつラーメンなのに、とにかく汁が薄い。

細麺に全然、絡まない(涙

せっかく禁断の掟を破ってまで店に入ったのに、こんなにクソまずいとは・・・。

許せない!

 

僕は、精一杯の抵抗を見せるため、麺を7割ほど残して店を出ました。

そして、隣りに別のラーメン屋を発見。

「あ!こっちだった。行きたかったのは!」

僕はとにかく腹が立っていて、なんとか挽回したかったので、一瞬、そのラーメン店にも入ろうかと考えましたが、、、さすがに、それはやめました。

 

マーケティングを勉強すると、人間は、ニーズではなく、ウォンツでモノを買うなんてことを知りますが、さすがに2杯目は思いとどまりましたよ。

なぜなら、僕には、今、「ダイエット計画書」があるからです。

ある事情があって、僕は今、体重をしぼっています。

今まで3キロ落としたのですが、あと3キロ落としたい。

そのために、毎朝、体重計に乗っているのです。

 

その時、その「計画」と体重計が、とっさに頭に浮かび、僕はギリギリで2杯目を思いとどまることができたのです。

 

大切なのは、予め「計画」を立てること、そしてそれと今との差をしつこくしつこくチェックすること。

もしあなたの事業経営が、イマイチうまく行っていないなら、それはそもそも「計画」がないからかもしれません。

だから、その時その時の状況や環境に流されてしまうのかもしれません。

 

僕たちマイクロ事業の経営者は、まず事業計画書を作る。

そして、その時その時の状況を継続的にチェックしながら、「目的地」に導く。

そういう必要があるのではないでしょうか?

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧