【コラム】第2の壁

 

事業には、第2の壁がある。

 

第1の壁は、創業時。

この時は、通常何にもない。お客もいない。スタッフも固まっていない。

社内ルール、店内ルールもままならない。

借金は、親から、兄貴から、銀行から、今までの人生で見たことないほどの金額を背負い込んだ。

 

それなのに、預金残高は、みるみる減っていく。

明日はお客が来てくれるだろうか??

考え出すと、恐怖で眠れない毎日。

あなたは、必死の思いで、集客の方法を探しまくる。

 

一方、スタッフの確保にも奔走する。

友達にいないか?

友達の友達にいないか?

友達の友達の友達にいないか!?

 

そうこうしているうちに少しずつだがお客が増え出す。

そして、何が直接のきっかけか分からないが、ある時を境にポーンと売上が上昇する。

 

売上の大半を占めるあなた以外に、売上をあげられる仲間が出てくる。

気がついたら、現金が貯まり出す。

 

あー、1年目は大赤字だったけど、なんとか食えるようになったなあ。

あなたは、こうして第1の壁を乗り越える。

めでたし、めでたし。

 

とは、ならないのが、ビジネス。

 

一息つけるかと思いきや、そこに第2の壁が立ちはだかる。

ちょうど売上規模で言うと、3,000万から5,000万円頃。

1店舗がパンパンになって来る頃だ。

 

周りからは、結構うまくいっているお店と言われている。

自分にもお金が残るようになってきた。

ところが。

 

イマイチ充足感がない。

これが、第2の壁である。

 

次の悩み、それはひとことで言うと「人」である。

人が思うように採れない。

 

集客はできるから、人が採れれば、売上なんていくらでも増やせるのに、2店舗目を出せば、今度は最初から儲かる自信はあるのに、5人規模じゃ1人辞めたときのダメージがでかいのは分かっているのに、、、

人が採れない。

だから、前に進めない。

 

当然、5年も経てば、辞める人間も出てくる。

積み上げどころか、補充に走り回らなければならない。

そして、疲れてくる。

 

もう、いいんじゃないか。

俺、がんばったよ。

 

売上1億に、10人規模に、多店舗になれば、安定するのは分かっている。

でも、せっかくつかんだものをもう一度リスクにさらしてまで、俺は進むべきなのか。。。

そこで、思考が止まってしまう。

 

これが、「第2の壁」。

 

「個人事業」で終わるか、「企業」を目指していくのか、の分かれ道。

もう1度、覚悟が問われる。

 

次のステージに進むために、必要なのは、「人材」

集客はコントロールできる。

人材をコントロールできるのか!?

 

もちろん、このままいくのも自由。

リスクをとって再チャレンジするのも自由。

 

あなたにはどちらでも選ぶ権利がある。

あなた次第。

 

今、あなたの「決断」が問われている。

そして、一つだけ答えがある。

山のいただきにいる人間は、登る決意をした者だけだということである。

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧