【コラム】転換点

 

今から7年ほど前、僕は何とも言いようもない不安に襲われました。

 

リーマンショックの影響もあり、クライアント数の増加は、鈍化していましたが、それでも紹介を頂いたりして着実に増えていました。

新しいスタッフを入れようと考えはじめていました。

プライベートのほうは、長女のアカリが生まれてから1年が経ち、子育てに戸惑いながらも充実した日々。

 

のはずでした。

 

それなのに、不安。

どことなく不安。

なんだか「浮き草」のような頼りなさ。

 

実は、その時は、この「不安感」の理由は見つかりませんでした。

それからしばらく経って、その「不安感」の原因にふと気付くことになるのですが、、、。

その「不安感」の原因とは、、、?

 

それは、「所属させる不安」です。

 

僕は、それまでずっとどこかに誰かに「所属」していました。

例えば、「学校」であったり、「会社」であったり。

家庭でもそうです。

僕は、父や母に「所属」していたのです。

 

それが、ついに「所属」させる側になりました。

しかも、僕の場合、同時に2つその時期が来たのです。

職場と家庭と。

 

家庭では、こどもが生まれ、父となり、「所属」させることになりました。

それにより、妻は仕事をやめ、収入源は僕一本に。

 

職場でも、スタッフを入れることになり、「所属」させることになりました。

その前に、伊澤は既にいましたが、伊澤はリスクを知った上で来てくれた、いわば「盟友」。

「所属させている」という実感はあまりなかったのです。

 

自分を頼りにしている人がいる。

一方で、自分が頼れるところはどこにもない・・・。

それが、言いようのない「不安感」の原因でした。

 

起業してから、とにかくがむしゃらに走ってきたので、それまで全く感じませんでしたが、はじめて感じたプレッシャーでした。

 

起業家には、開業時から3つの壁があると思います。

第1が、開業時。

そして、2つ目が、この「所属させる」ようになるとき。

3つ目は、重要な業務をスタッフにまかせるようになり、業務が自分の手から離れるとき。

これが僕の考える起業家の3つの壁。

 

結局は、自分の力で乗り越えていくしかありません。

でも、もし3つの壁があることをあらかじめ知っておけば、

心の準備ができるのではないでしょうか?

 

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧