【コラム】儲かるために最も大切な指標とは?

 

「いったい、今の自分の事業はうまくいっているのかな?」

「どうやったら、確実に儲かるのかな?」

「妥当な給料ってどれくらいだろう?」

 

いずれも経営をしているとよく悩むことではないでしょうか?

まさしく、僕も同じで、ずーーーっと悩み続けていました。

そんなある時、ある経営者のブログで、こんな言葉を発見して、それが僕にとって「目からウロコ」の視点でした。

 

それが、「人時生産性」

 

人時生産性とは、こう。

粗利益額÷従業員の総労働時間

つまり、従業員一人当たり1時間あたりの粗利益額です

 

そのブログでは、サイゼリアの創業者、正垣泰彦さんの言葉として紹介していたので、早速、amazonで探して本を購入。

 

その本のタイトルは、

「おいしいから売れるのではない、売れているのがおいしい料理だ」

です。

 

その本の中で、正垣さんは、「人時生産性」を最も大切な指標として紹介しています。

 

サイゼリアの場合、人時生産性の目標を6,000円としているそうです。

飲食店の場合、2,000円〜3,000円が普通らしいので、サイゼリアは相当高いわけですが、それがサイゼリアの高収益体制を支えているわけです。

 

僕は、その本を読んでから、「人時生産性」という指標に興味を持ち、様々な専門書を読みあさりました。

その結果、飲食業以外の業種、例えば、小売業や製造業などであっても、人時生産性が5,000円程度は、求められることが分かりました。

 

そして、今、僕は、こう思っています。

美容業などサービス業でもこの人時生産性5,000円を目標にすべきと。

 

あなたは、生産性というと、どんなものを思い浮かべますか?

おそらく60万円とか70万円とかの、月あたりの一人当たり売上高だと思います。

これを向上させようと思った場合、いくつか方法があります。

 

例えば、、、

客単価を上げる。

こなす客数を増やす。

 

これが正攻法ですが、それ以外に、

あまり考えたくないですが、

人を減らす

なんていう方法もありますね。

 

ところが、最も簡単な方法が、これです。

働く時間を増やす

 

例えば、単純計算で、1日8時間で60万円稼いでいるなら、1日9.3時間にすれば、70万円稼げます。

その計算で行くと、13.3時間働けば、100万円行きますね。

これを追求していくと、、、

 

多分、人が辞めます。

 

つぶれるか、やる気を失うか、で、辞めることになってしまうのでは、ないでしょうか?

つまり、単純に、売上高だけを追求してしまうことは、会社と社員のWin-Winにはならず、最悪、会社にとっても、社員にとっても、「破滅」を意味することになりかねません

 

だから、そこに時間の概念を掛け合わせる必要がある。

スタッフの1日の中で、本当にムダな時間はありませんか?

実質的に何もしていない時間があったりしませんか?

より効果を上げる時間を生み出せませんか?

 

予約の取り方、掃除をする時間ややり方、ブログを更新するタイミング、、、etc。

僕たち、よりよい経営を目指す経営者は、単純に売上高だけでなく、「時間」を基軸に考える。

そういう必要があるのではないでしょうか?

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧