【コラム】嗚呼、オリンピック

平昌オリンピック。

終わってから、はや2週間です。

早いものですね。

すごかったですよね?

えーと、あんなこととか、こんなこととか。

・・・。

 

すみません、実はほとんど見ていません。

私、もともとテレビをほとんど観ない上に、2月は何をしていたかも覚えていないくらい忙しく、オリンピックをほとんど見ることはありませんでした。

辛うじて、「羽生結弦」とかの名前は知っていますけど、誰が何メダル何個取ったとか、全く知りません。

すみません。

 

そんな中、唯一、「その瞬間」を生で観たのがパシュートでした。

たまたまその日は、セミナーから直帰で早めに家に着いて、晩ご飯を食べようとテレビを付けたら、

「決勝まであと20分です!」

と、いう状態だったのです。

 

パシュートというのは、3人一組で滑るスケートですね。

実際は4人チームらしく、体力を考慮して、準決勝に出た選手を1人替えていました。

決勝の相手はオランダ。

身体が大きい。

明らかに身体能力がありそうだなあと思っていたら、みんな個人でもメダルをバンバン取っている選手達。

体格差がすごいなーとか思っていると、試合がついに始まりました。

 

日本チームは、身体は小さいものの、きれいに滑りがそろっています。

手の振り方、足の運び方、選手間の距離。

見ていて鳥肌が立つくらい、美しい、まさに一糸乱れぬ連動的な動き。

先頭交代を繰り返しながら、周回していきます。

 

私は、ロードバイクに乗るので分かるのですが、空気抵抗がバカにならないのですよ。

2番目の選手の空気抵抗は、先頭の選手の50%、3番目の選手は更に50%、なんて、自転車仲間に聞いたことがあります。

だから、空気抵抗を少しでもなくし、体力を温存するために、動きを揃え、選手間の距離も一定に保っているのだろうと思いました。

 

レースは、途中まで、オランダ選手とデッドヒートでしたが、どこか力任せな滑りのオランダ選手は終盤、疲れが目立ってきて、失速。

一方、日本選手は、スピードが落ちず、最後まで、連動的した動きを見せながら、見事、圧勝したのでした。

素晴らしい!

格好良かった!

 

後から聞いた話によると、年間300日もの合宿を行い、限界を伸ばす体力強化や食事の管理をして、実力をつけていったそうです。

そして、しばしば激論を交わしながら、何でも言い合える信頼関係を築いていったそうですね。

年間300日ですから、まさに「家族」みたいなもの。

「一糸乱れぬ動き」には、理由があったのです。

 

私たちの「経営」はどうでしょうか?

個人競技か団体競技かと言えば、「経営」もまさに団体競技。

局面局面では、もちろん個々の力も重要ですが、やはりチームプレイが大切です。

特に美容室はまさにそうです。

当然、アシスタントが上手に動いてくれれば、スタイリストもやりやすい。

そのためには、何でも言い合えるような信頼関係が必要。

 

では、どうすればいいのか?

私はこう思います。

たくさんの時間、そして濃密な時間を一緒に過ごす、それしかないのではないか、と。

 

なぜ、家族は「家族」なのでしょうか?

私は、血のつながりだけではないと思います。

一緒に過ごした時間が、「家族」にさせているのではないではないかと。

 

だから、私たち経営者は、よりよい関係を築くために、スタッフ達とたくさんの意味のある時間を過ごす。

「働き方改革」が叫ばれ、労働時間が減る傾向の今、なかなか難しい課題ではありますが、本当の信頼関係を築くために、

・スタッフ達とできるだけ多くの時間を過ごす

・スタッフ同士に同じ時間を共有させる

そういう必要があるのではないでしょうか?

 

PS 具体的には、社員旅行とか勉強会とかBBQとかがいいかもしれませんね。

もし、美容室経営について、もっと深く勉強したいなら、、、

ぜひこちらでどうぞ。

↓↓↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ベネフィット・美容室経営者向けセミナー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧