【コラム】【入門編】損益計算書っていうんだね?

【入門編】決算書ってなんだ!?シリーズ第2弾!

今回は、「損益計算書」です。

 

損益計算書は、英語でP/L(Profit and loss)って言います。

私たち会計人同士で話すときは、P/Lっていう言葉を使うのですね。

 

銀行さんと話すときに「P/Lが~」なんて言ったら、「この人、分かっているなあ」と思ってもらえますし、もしかすると、借り入れも有利に運ぶかもしれません。

ぜひこの機会に覚えてくださいね。

 

P/Lは、前回言ったように、「いくらもうかったか?」

つまり、利益を表しています。

 

まあ、だから「損益計算書」っていうんですけど。

 

ところで、利益ってどうやって計算すると思います?

3秒考えてください。

 

1、

 

2、

 

3。

 

そう、ざっくり、売上-経費ですね。

 

ただ会計的には、もうワンステップあるんですね。

(売上-原価)-経費

 

サービス業などには明確には原価はないかもしれません。

分かりやすいところで、小売業、そうですねー、文房具屋さんを考えてみましょう。

 

例えば、100円の消しゴムを売っていたとします。

これは、例えば、60円とかで仕入れているわけですよね?

これが原価です。

 

それ以外の例えば家賃だとか電気代だとかお給料だとかが「経費」となって、これらを差し引いたものが最終的に利益となるわけです。

簡単ですよね?

P/Lはざっくりそんなものをあらわしているのです。

 

次回は、最終回、「貸借対照表」です。

 

PS プロの、プロによる、プロのための税務会計基礎講座。

毎年100人以上の開業美容師さんにお会いする、美容室税務会計のプロ中のプロ、税理士・伊澤真由美が、分かりやすくお届けする「経理申告かんたんまるわかり」講座なら、コチラ↓↓↓

【2018/6/5(火)開催】2時間でお悩み完全解消!美容室の税金・経理かんたんまるわかり

 

美容室経営に使える助成金について、分かりやすく説明するコチラのセミナーもおすすめです。
※今日が締切期限です。

【2018/5/29(火)開催】美容室に使える!助成金基本セミナー

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧