【コラム】定価は、いくらでつければいいのか?

美容室の経営サポートにまい進する、ベネフィットグループ代表で、税理士の「美容室経営コーチ」田崎裕史です。

 
お伝えしていますとおり、6-7月は、過去メルマガ特集として、過去書いたメルマガの中から、特に内容の濃いものを厳選してお送りしています。

ぜひお楽しみください。

 


From 田崎裕史

 

今日のテーマは、

「定価は、高い方がいいか?安い方がいいか?」です。

 

では、「答え」です。

え!?早すぎるって??

まあ、いいじゃない?(笑)。
 

結論:「高い方がいい」

以上です(笑)。
 

これじゃあ、納得してもらえないので、マジメに書きますね。
 

米国・マーケティング界のグル、ダン・ケネディは言っています。

「中小企業は、絶対高値で勝負しなくてはいけない。」
 

まー、グルに言われるまでもなく、当然、そうですよね?

はなっから、値段勝負してしまったら、大手に勝てるわけありません。

牛丼の値段勝負で、「松屋」「すき家」「吉野屋」に勝てますか?

ハンバーガーの値段勝負で、「マクドナルド」に勝てますか?

こんなの火を見るより明らかです。
 

これを、お客様目線で考えてみましょう。
 

もしあなたが、そこそこ高価な、そうですねー、ネットで、エアロバイクを買うとしましょう。

自転車型の、運動する機械ですね。

おそらく、まずどの商品がいいか、必死に探すと思います。

スペックを見比べたり、見た目を写真で凝視したり、金額を比較したり。

「コスパ」が高い商品は、どれか!?そんな感じですよね(笑)。

 
次に、どのお店から買ったらいいか、いろいろ検討するのではないでしょうか?

信頼できるお店かどうか?クレジットカードは使えるか?などなど。

口コミを調べたりもしますよね。
 

つまり、買う時には、徹底的に情報を調べ上げ、「相場観」を持っている状態だと思います。

そして、人間はこう思います。
 

高いもの=いいもの
安いもの=よくないもの

であると。
 

これは、その時の経験としてもそうですし、以前から持っている深層心理でもそう感じています。

これは、行動経済学の名著「影響力の武器」にも、書いてありますね。
 

さて、それでは、たいしてよくないものを安く買えたからといって、「うれしい!」と、感じるでしょうか?

多分、うれしくないですよね?「当たり前!」としか思わないのではないでしょうか?

では、購買者は、どうしたいのか?
 

「いいものを、なるべく安く買いたい!」

これしか、ありません。
 

「高いもの=いいもの」ですから、それを安く買えれば、ものすごくお得です。

そしてもっと深掘りすると、購入者はこう思っています。
 

「いいものを、なるべく安く買いたい!それも自分だけ!!」

 

なんと、わがままな!(笑)
 

でも、そういうものなんです。
僕もそうです、きっとあなたもそうでしょう?

だから、深夜のショッピング番組で、「限定100個!今だけ!」とかやるのは、そういうことですよね。

まー、やり方を間違うと、恨まれたり、品位を疑われたりしかねませんが、

「顧客心理をうまく突いて成約に結びつける」

ビジネスを成功させるには、そういう視点も必要なのではないでしょうか?
 
 

PS あなたの「儲かる」経営をともに追求するのは、、、
ベネフィットグループサイトへ


▼美容室に特化した税理士顧問サービスであんしん・らくちんがお望みなら、、、
 ⇒美容室向け税務会計サービス「美容室顧問税理士」

▼美容室の助成金をスムーズに受給したいなら、、、
 ⇒「美容業助成金サポートサービス」

▼美容室の創業時の借り入れでお悩みなら、、、
 ⇒「美容業・融資サポートサービス」

▼美容業に特化した税理士・社会保険労務士・コンサル集団
 「ベネフィットグループ」

AUTHOR執筆者

ベネフィットグループ代表 税理士

美容室のよりよい経営のお役に立てるよう、日々精進しています!

田崎裕史の記事一覧