経営者もPDCAを回すべきか?

From 田崎裕史
自宅の小部屋より

美容室顧問税理士、美容室経営
コーチの田崎です。

PDCA、回していますか?

美容室経営をしていると、よくPDCAを回せと言われると思います。

PDCAは、美容室だけでなく、経営全般で言われますよね。

PDCAとは、Plan(計画)ーDo(実行)ーCheck(検証)ーAct(改善)

このサイクルを繰り替えすことで、業務を改善していくという手法です。

これ、人に言われて、やってみるのですが、なかなかやり続けるのは難しい。

自分自身はまだしも、社員にもやらせるとなると、途端に難しくなります。

あなたも苦労しているのではないでしょうか?

さて、今日の本題。
経営者もPDCAを回すべきなのか?

私の答えは、No。

普段の仕事の改善であれば、いわゆるPDCAで十分だと思いますが、「経営計画」レベルなら、ちょっと違うかなと考えています。
私の考えるプロセスはこうです。↓

1、仕入れる

2、考える

3、決定する

4、実行する

5、検証する

6、改善する

ポイントは、
「1、仕入れる→2、考える→3、決定する」というところです。

「1、仕入れる」というのは、情報を仕入れるということです。

ものごとを考えようにも、言葉がなければ考えられないのと同様に、情報がなければ、計画を立てることをできません。

普段からアンテナを立てて、情報を集めることも大切ですが、集中的に本を読んだり、先行している人の話を聞きに行ったりして、一気に情報を集めたりもします。

「2、考える」というのは、なんとなく考えるのではなく、徹底的に考え抜くということです。
普段の業務に追われてしまうと、とてもそんなことはできないので、私の場合は、数日、ホテルにこもって徹底的に考えます。

このとき、1、で仕入れた、たくさんの情報をもとに、あれこれあれこれ考え、会社全体の方針と自分自身の行動計画を決めていきます。

そして、「3、決定する」。
「俺は、これをやるぞ。いいんだな?」と何度も自分に確認し、覚悟を決めます。

そして、決めたら、あとはひたすらやるだけです。

「結局、PDCAじゃん!」

そう思われるかもしれません。

でも、経営計画レベルの計画ってそんな簡単に決まります?

あなたの計画をもとに、社員も行動を取るわけです。
社員の人生も左右しかねません。

船が目指す方向が異なれば、社員の将来も大きく変わってしまいます。

相当な「根拠」と「覚悟」が必要なのではないでしょうか?

だから、入念な準備が必要

できるだけ多くの情報を仕入れ、それをもとに徹底的に考え抜く。
そして、一度決めたら、最後までやり抜く。

私たちマイクロ企業の経営者は、そういう必要があるのではないでしょうか?

PS 事業計画を作って、PDCAを回すなら、こんなサービスを利用するのもよいかもしれません。
↓↓↓
https://benefit-keiei.jp