ダイエットに効果あり!

From 山本裕
相模大野の自宅より

こんにちは。
FPの山本です。

資産形成や保険など上手にお金を使うことも大事ですが、同時に健康も大事です。

今回はランニングネタです。
色々と良い効果がありますので、今回も独断と偏見で語ります。
独断というか経験上の解釈も入っていますので、違っていたらすいません(笑)

まず多くの方がランニングの効果として思いつくのが、ダイエット!
もちろん続けていると痩せます!

人によって差はありますが、一般的に走るだけで、体重[kg]×距離[km]=消費カロリー[kcal]のエネルギーを消費します。

いつも一度のランニングで10~13kmくらい走っています。
63kgなので13km走ると819kcal消費します。
ランチ1食分くらいですかね。

もちろんそれだけエネルギーを消費しますので、まず糖質エネルギーが消費されつつ、2、30分で脂肪が分解されエネルギーに変わります。

脂肪が燃える。
なんとなくうれしい感じがしますね。

ただこれだけでは痩せません!
経験上すぐには体形も変わりません。
痩せるために大事なのは、ランニングを続けることです。

ランニングを続けると筋肉量が増えます。
ただ、有酸素運動ではエネルギーを消費し続けるため太い筋肉にはなりません。

また走ると体温があがり、脈拍が早くなり、血中の赤血球を多く送りだそうとします。
毛細血管も広がります。

筋肉量が増えて血行が良くなるので、基礎代謝があがります。
何もしていないときでも代謝が良いので、太りにくくなり体の機能も正常に働きます。

そのせいか最初のころは異常にお腹が空いて、職場でもお腹がよく鳴っていました(笑)

何でもそうですが、この効果を得るのに大事なポイントは、続けることです。

飽きずに続けること。
コースを変えたり、ウェアやシューズを買ったりもいいですが、個人的にはデータ管理がおすすめ。

例えば「目標は毎月50km」など決めましょう。
4km×週3日(月・木・土)
GPSウォッチを使うと管理は簡単です。
目標から遅れてとか、うまく走れてるとか、数字で見るとおもしろいですよ。

ところで将来の目標設定はできていますか?

経営がうまくいき退職時にいくら退職金をもらうのか。

老後の生活資金はそれで本当に足りるのか。

住宅ローンなどの返済は終わっているのか。

金額の大きい退職金はどうやって貯めるのがよいでしょうか。
2、3年で簡単に予定の額が溜まりません。
ランニングと同じで、早く始めて長く続けること。
経営と同じくコツコツやるのが大事です。

PS 役員退職金の決め方、退職金規定の作り方を聞きたい方は、こちらまでご相談ください。

https://benefit-group.jp/