《美容室》縮小均衡時代の経営戦略とは?

From 田崎裕史
自宅の小部屋より

美容室経営者にとって、非常に厳しい時代となりました。

まあ、美容室だけでなく、あらゆる業種において経営環境は厳しいと言えます。

その最大の要因は、人口減。

今の日本の人口分布は、まだなんとか、釣鐘型。
しかし、よく言われているように、少子高齢化が進んでいくのが確実なので、今後、どんどん壺型になっていきます。

当然、そうなれば、マーケットも縮小していきますし、従業員確保もますます難しくなる。

ビジネスモデルを転換しなければなりません。

戦後の高度経済成長期は、よかった。

ある意味、頑張っていれば、会社は大きくなっていきました。

だって、人口が増え、マーケットは拡大の一途。
従業員確保も今に比べればはるかにたやすい。
世の中全体が、もっと豊かになりたいと、経済的な欲求が強いから、モチベーションも上げやすい。
正直、経営は、今より簡単だったのではないでしょうか?

ところが、今は違う。

マーケットは、縮小に向かい、先行き不安感もあって、閉塞感が漂う。
お客様も財布のひもをしぼりがちです。

それ以上に困難なのが、スタッフの確保。
人口、特に若い人が減っているので当然ですが、採用は一段と厳しさを増しています。

美容室においても、私の肌感覚では、5年ほど前から急激に厳しくなったような気がします。

5年くらい前までは、まだ人の確保ができたので、店舗展開も見込めました。
しかし、今は、美容師のなり手が少なく、スタッフ増員どころか、辞めると補充すら簡単ではありません。
辞めたら辞めた分、店が縮小してしまう・・・。
ごくごく一部のうまくいっているサロンを除いて、今、店舗展開は至難のワザです。

また、全体的にスタッフのモチベーション維持も以前に比べて難しく、歩合率を上げたりして、単純に条件だけよくしても、定着率向上にはなかなかつながりません。
非常に厳しい経営環境。

こんな時代に、いったい私たちは、どう経営をすればよいのか??

答えは一つ。
あせっても仕方ありません。
ゆっくり進む。

これしかありません。

そして、私はこう思っています。

売上に人を合わせる経営ではなく、人に売上を合わせる経営をすべき、と。

もちろん、計画を立てる意味はあるかと思いますが、それにあまり固執しすぎないことです。

特に、スタッフ数が5名規模のお店では、1人辞めてしまうだけで、状況が大きく変わってしまいます。

とはいえ、即座に補充することも困難。

そうなると、途端に計画が頓挫してしまいます。

今、これは、正直、努力だけでなんとかなるというレベルではない。

このどうしようもないことで、なんとかしようとしても、自分もスタッフもストレスが貯まるだけ。

だったら、そんな計画は、捨ててしまえばいい。

私たちは、その時いるスタッフをベースに、計画を立てるしかないのです。

だから、売上に人を合わせるのではなく、人に売上を合わせる経営をする。

あせらず、ゆっくり進む。

先が見えないこんな時代だからこそ、私たちマイクロ企業の経営者は、今いるスタッフ一人ひとりを大切にし、皆で力を合わせて、ゆっくり着実に進んでいく、そういう必要があるのではないでしょうか?

PS
経営に役立つものといえば、助成金もその一つです。
返済の義務がなく、受給したあとは自由に使える助成金。
そんな助成金について詳しく知りたい方は、セミナーをご活用してみませんか?

https://benefit-group.jp/seminar/538/